練馬区に住むフリーターが独断と偏見で練馬区の魅力をプレゼンするサイトです。練馬区に移住してみませんか?

インドア派に読んで欲しい

練馬区の魅力的なスポットといえば「ちひろ美術館」です。いわさきちひろが描く絵のやさしい世界にはインドア派ならずとも誰もが癒されることでしょう。ちひろ美術館ではいわさきちひろの原画展示の他、ちひろの庭や絵本カフェなどもありちひろワールドを堪能できます。さらに、練馬区は大物漫画家が多数暮らすことで有名です。「ドラえもん」、「のだめカンタービレ」、「うる星やつら」など数々の有名作品の舞台にもなっている地域です。

  • 漫画の舞台を聖地巡礼漫画の舞台を聖地巡礼

    数多くの漫画の舞台となっている練馬区は漫画好きにはたまらない土地です。まず誰もが知っている国民的漫画「ドラえもん」の舞台も練馬区だといわれています。その他、「うる星やつら」、「タッチ」、「のだめカンタービレ」などの舞台にもなっています。ドラえもんやのび太が走り回っている様子を思い浮かべたり、ラムちゃんの姿をイメージしながら舞台とされる場所を巡礼するというのは漫画好きにとって至福のひとときではないでしょうか?続きを読む

  • 歴史と成り立ち歴史と成り立ち

    90社以上のアニメ企業が集まり、その数は日本最多といわれる練馬区では、年に一度「練馬アニメーションフェスティバル」が開催されています。そんな練馬区ですが、もともと現在の板橋区と合同で旧板橋区の一部であり、その面積はかなり広大でした。昭和22年に現在の板橋区と練馬区に分割され、今の23区となりました。そのため練馬区はもっとも新しい区と言われたりもしています。練馬区という名前がつけられた理由は諸説あり、どれが正しいのか明確にはなっていないようです。続きを読む

  • あの原画が見れる!「ちひろ美術館」あの原画が見れる!「ちひろ美術館」

    絵本や絵画が好きな人なら知らずもがなの絵本作家、いわさきちひろ。見る人の心にそっと触れてくるような独特な世界観をもつ彼女の絵は、日本国内のみならず世界中から高い評価を得ています。そんないわさきちひろの原画を展示する「ちひろ美術館」が練馬区にあります。メインの展示コーナー以外には、季節の花が咲く「ちひろの庭」やちひろグッズが買えるグッズ売り場、そして絵本を読みながらケーキやお茶を楽しめる「絵本カフェ」などがあり、一日中楽しむことができます。続きを読む

NEWS