練馬区に住むフリーターが独断と偏見で練馬区の魅力をプレゼンするサイトです。練馬区に移住してみませんか?

夏の定番「としまえんプール」

東京23区でも有数のテーマパークである「としまえん」ですが、こちらのとしまえんプールは、流れるプールであったり、また大型のウォータースライダーなど定番となっているものが、日本ではなんと初めて設置された施設なのです。そんなとしまえんプールのご紹介をします。

アクセス良好で自然豊か

こちらのとしまえんプールはアクセスが大変良好なのが大きな特徴です。まず外環自動車道「大泉IC」、または関越自動車道「練馬IC」から約20分という好アクセスとなります。駐車場もなんと850台が収容可能で1台が1500円で、都内にあるのにもかかわらず大変広くそして手ごろな料金となっています。
車以外でのアクセスも豊島園駅から徒歩1~2分という近さであり、路線バスでもアクセス可能と利便性が良いのが特徴です。また、大人気となっている「こどものプール」では緑に囲まれながらも、小川のようなせせらぎがあり、小さな子供でも安心して遊ぶことができます。有料の休憩スペースなどもあります。

大型スライダーも!

プールの定番といえば、やはり大型スライダーですよね。小さなスライダーのようなものは昔からあるようですが、本格的で大規模の物といえばとしまえんプールが日本初となっているのです。こちらの大型スライダーであるハイドロポリスですが、ABCの三つのタワーからなんと合計5種類ものスライダーが伸びているというのが特徴です。そして、いずれもそれぞれ違った特色があるのでとても楽しめるのです。Bタワーは別料金がかかってしまい600円となりますが、制限の身長110cmを超えている場合滑ることが可能となっています。

ランチもできるし、帰りには温泉も!

プール内の各所には、様々な売店があるのもおすすめポイントです。もちろん定番メニューがそろっていて、家族で楽しく食事ができます。その中でも一番人気となっているのがラーメンです。こちらはセットにも出来ますので、ボリューム満点となります。また、手軽に食べることができるピタサンドや、エビアボカド、照り焼きチキンなど種類も豊富となっています。
またこちらは、残念ながら中学生未満の方は利用することができませんが、日々の疲れの癒し、また健康増進などを目的とした「庭の湯」というのが「としまえん」正門側にあります。こちらでは、帰りに温泉を楽しむことができるのはもちろんですが、さらにマッサージやサウナ、そしてリラクゼーションエリアなどもあり、お食事処もあります。施設が充実しているためプールの疲れ、そして日常の疲れなどを癒すことができ家族みんなで楽しむことができるのです。

夏の定番「としまえんプール」

NEWS